*

「 心理テクニック 」 一覧

嫌な体験を一般論に置き換えるテクニック『ジェネリック・ユー』

ジェネリック・ユーとは 認知行動療法のテクニックの一つである『エクスプレッシブ・ライティング』の効果を高めることが期待できる技です。 2017年にミシガン大学が提唱した手法で、約600人の男

続きを見る

科学的に認められたストレス解消法
『エクスプレッシブ・ライティング』

エクスプレッシブ・ライティングとは エクスプレッシブ・ライティングは1980年代に生まれた認知行動療法のテクニックの1つで、ネガティブな体験の思考と感情を書き記す方法です。 エク

続きを見る

もう一人のあなたテクニック
(セルフコンパッション)

人は大抵、自分には厳しくなる 私たちの多くは二重基準を使っています。例えば、心が動揺すると自分を批判したりしますが、親しい友人が同じような状況のときには親切に客観的な態度をとれ

続きを見る

先入観により判断を歪める
アンカリングの技術

アンカリングとは アンカリングとは認知バイアスのテクニック。 先行する数値(アンカー)によって後の数値の判断が歪められ、判断された数値がアンカーに近づく傾向のことをさします。

続きを見る

誰とでも信頼関係を築く最強のテクニック
“傾聴”のやり方

傾聴のテクニック(基本編) 「積極的傾聴(Active Listening)」は、米国の心理学者でカウンセリングの大家であるカール・ロジャーズ(Carl Rogers)によって提唱さ

続きを見る

誰でも使える相手を説得する8つの技術
(BYAF法、ブーメラン効果、社会的証明の原理)

BYAF法 BYAF法とは西イリノイ大学の研究で、メタ分析を行い信頼度が高いとされた説得術です。 BYAF法 は、(but you are free)のことで、人になんらかのお願

続きを見る

対人トラブルの効果的な解決法

自分の対人トラブルで冷静になることは難しい 対人トラブルにおいて、「他人へのアドバイスが的確にできる人であっても、自分が当事者になると誤った判断をしてしまう」ということが起きます。

続きを見る

他者への魅力と嫌悪感はどんな時に持つのか?

他者への魅力と嫌悪感 人はどのようなとき他者の魅力を感じ、またどのようなとき他者に嫌悪感をもつのでしょうか?そんな問いに対し社会心理学では1960年代から1970年代にかけて膨大なデ

続きを見る

計画倒れにならない方法

計画倒れは起きるもの 例えばダイエットをした時や、1日のスケジュールを15分単位にしてみるなど綿密にしすぎてしまった時に計画倒れは起きやすくなる。 避けられない食事会の場面では、ダイ

続きを見る

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネスとは? 一言でいうとマインドフルネス(瞑想のような)は、セルフモニタリングの一種です。 そしてマインドフルネスというと、「サティ瞑想」「ヴィッパサナー瞑想」「禅瞑想」

続きを見る

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? You

社交不安症のメカニズムと対処

社交不安症のメカニズムと対処 社交不安症のメカニ

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その1)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その1) 人は誰しも客観的

→もっと見る

PAGE TOP ↑