*

計画倒れにならない方法

公開日: : 最終更新日:2019/03/03 心理テクニック, 心理用語, 考え方

計画倒れは起きるもの

例えばダイエットをした時や、1日のスケジュールを15分単位にしてみるなど綿密にしすぎてしまった時に計画倒れは起きやすくなる。

避けられない食事会の場面では、ダイエット中でも少しだけなら…と我慢できなくなる傾向にある。

仕事ではスケジュールが綿密すぎると、その分予想外のことが起きたら計画は崩れやすくなる。

計画倒れによる弊害の ”どうにでもなれ効果”

綿密に立てた計画の内1個所失敗すると、人は「どうでもいいや、今日はもういいや、どうせ取り戻せないんだから」ってなりやすい!そして、本来の目的と真逆の事をしてしまう。

1個の小さな失敗が自制心を崩壊させること

これを「どうにでもなれ効果」という。(学術用語)

どうにでもなれ効果の後には自己嫌悪がやってくる

「なんて自分はダメな人間なんだ」と責めてストレスを高め、計画倒れしてしまい、習慣を途絶えさせてしまう

本来習慣となったものは、1日2日やらなくなったこと自体で習慣がなくなるものではないが、どうにでもなれ効果を経験し自己嫌悪に陥ることにより習慣をなくしてしまう恐れもある

1つどうにでもなれ効果が発生すると、他のカテゴリーにも影響を及ぼすので注意

「どうにでもなれ効果」を防ぐには

基本的に「どうにでもなれ効果」は起きやすいもので、それを前提に考える

ある二つの状況が「どうにでもなれ効果」が最も起きやすいとされている。その二つの状況を避けることができれば計画倒れにはならない

1つ目の状況が、短期目標しかもっていないとき、誘惑に負けやすい。「長期目標」を立て思い出してみることが防止に効果的!

具体的な長期目標を持っている人は、誘惑に負けづらい。
35歳一度もCDデビューもできていなかった人がCDでヒットとばすんだ!や、年収1000万稼いだことない人が年収1億稼ぐんだ!というのは、具体性に欠ける。客観的に長期目標として有効なものの場合による。


2つ目の状況は、「何かを辞める」目標を立てたとき、失敗しやすい。辞めるのではなく逆にその時間に何かをやる、他のものに代えるなど対策を講じる必要がある

何かをしないようにするという目標は人にとって非常に難しい。
例えばシロクマ実験のように、「あなたは今日一日シロクマについて考えないようにしてください」と言われるとシロクマについて考えてしまい失敗する率が高い。今日甘いものを食べない!など宣言し実行すると失敗する。「何かを辞める」目標は、非常に誘惑に負けやすくなると言われている。

どうにでもなれ効果が発動し、失敗した後は?

もう一度リベンジしましょう!

失敗からもう一度成功できた日を数え直す!

いったん食べ過ぎても、また次の日から適量の食事制限が上手くいったら、それを「1ポイントゲット!」と前向きに捉えていきます。失敗から立ち上がることを重視します。

「失敗を修正できた数」に焦点を当てることで、どうにでもなれ効果を回避していきます。

計画倒れにならない方法!まとめると

1.長期目標を思い出すこと

2.何かを辞めるのは難しいので、その時間に何か他の事をするか、何かの物に代える

3.楽しみをみつける(長期目標ではスモールステップに分割し、スモールステップをクリアし達成感(報酬)を得る⇒正の強化となり、行動活性化につながる

参考
・計画倒れを防ぐには? https://www.youtube.com/watch?v=Vtvwb07t0G8
・DaiGo 日本人の98%に有効な「計画倒れ」防止法 https://president.jp/articles/-/26450

関連記事

マルチタスクの仕事が溜まったときの対処法

マルチタスクは処理効率が低下する 例えば事務作業をしているときに、電話がかかってきて対応して

記事を読む

人は達成できなかった事をよく覚えている?!『ツァイガルニク効果』とは

「続きが気になる」はツァイガルニク効果 TV番組でもよく使われていますが、大事なシーンの前でCMを

記事を読む

嫌な体験を一般論に置き換えるテクニック『ジェネリック・ユー』

ジェネリック・ユーとは 認知行動療法のテクニックの一つである『エクスプレッシブ・ライティング

記事を読む

人を動かす方法

人を動かす方法 D.カーネギー世界で1500万部売れた本 「人を動かす」がある。

記事を読む

捨てられないものを捨てる方法

捨てられない物を捨てる 大事なものは捨てなくても良いですが、もう二度と使用することは

記事を読む

行動を開始するきっかけを作る!
if then ルール

if then ルールとは? 何か行動したい事が見つかったものの、億劫になってしまいそのまま

記事を読む

クリエイティブポーズとは? ~ 人は姿勢により効率が変わる? ~

クリエイティブポーズとは 皆さんは姿勢と思考の関係についてどうお考えですか? 作業療法的に言えば、

記事を読む

認知の歪みとは(17のパターン)

認知の歪み(にんちのゆがみ、Cognitive distortion)とは、誇張的で非合理的な思考

記事を読む

相手の本心を暴く『プッシュステートメント』

プッシュステートメントとは プッシュステートメントは、断言したり相手を挑発することで

記事を読む

認知行動療法のアーロン・ベックが生み出したストレス解消法
『AWAREテクニック』

『AWAREテクニック』とは 『AWAREテクニック』は、それぞれ「Accept(受

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? You

社交不安症のメカニズムと対処

社交不安症のメカニズムと対処 社交不安症のメカニ

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その1)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その1) 人は誰しも客観的

→もっと見る

PAGE TOP ↑