*

双極性障害とうつ病の脳体積に差異があることが判明!

公開日: : 未分類, 治療, 研究結果

双極性障害の前頭葉部位2つは、うつ病より小さい

感情や思考に深く関係する前頭葉の2つの部位(背外側前頭皮質、前帯状皮質)が、双極性障害の方がうつ病より小さいことを見いだしました。

この2つの疾患のうつ状態は症状からは診断が難しいのですが、さらにこうした研究が発展すれば、頭部MRI検査で客観的な診断が可能となることが期待されます。
山口大学大学院医学系研究科高次脳機能病態学講座の松尾幸治准教授、原田健一郎助教、山形弘隆講師、渡邉義文特命教授らの共同研究グループは、日常診療で使用するMRI(エムアールアイ)を用いて脳の画像を撮り、多数の双極性障害(躁うつ病)とうつ病の患者さんの脳の体積を計測したところ、双極性障害の患者さんはうつ病の患者さんと比べて、前頭葉の一部である背外側前頭前皮質と前帯状皮質という2つの部位の体積が小さいことを明らかにしました。これらの部位は、感情や思考の調節をする重要な役割をもっています。

研究方法

参加者は、わが国では596人のうつ状態のうつ病患者、158人のうつ状態の双極性障害患者、777人の健常者に参加してもらいました。

参加者は、北海道大学、国立精神神経研究センター、広島大学、山口大学と幅広い地域から集められました。米国では、テキサス大学サンアントニオ校で43人のうつ状態のうつ病患者、36人のうつ状態の双極性障害患者、132人の健常者が参加しました。

この研究は各大学および研究室の倫理委員会から研究を進める承認を得ており、全ての参加者は研究への参加について口頭及び文書で十分な説明を受け、同意書に署名しています。

全ての脳のMRI画像が山口大学に集められ解析されました。

解析する脳の部位は、気分や思考の調整に関わっており、双極性障害やうつ病に関係すると考えられている部位を選びました。
参考
・双極性障害(躁うつ病)とうつ病の前頭葉体積の違いが明らかにーMRIにより診断の判別が可能となることに期待ー  https://www.amed.go.jp/news/release_20171130-01.html

関連記事

幸せ(幸福度)とは?

幸せって何でしょうか? 辞書によると、「運が良いこと、心が満ち足りていること」とか出てきます。

記事を読む

精神療法ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)の考え方を学ぶ

精神療法ACTの考え方を学ぶ 精神療法ACTの備忘録を箇条書きにしていく ・幸福

記事を読む

子供の暴力番組の影響は?

子供の暴力番組の影響 9歳で暴力番組を見ていた群と見ていない群を比較したところ、より多く見た子

記事を読む

怒りを鎮めるリフレームテクニック(3つのコラム)

リフレームテクニック(3コラムテクニック)のやり方 1つ目のコラム ◆ アン

記事を読む

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

記事を読む

相手の本心を暴く『プッシュステートメント』

プッシュステートメントとは プッシュステートメントは、断言したり相手を挑発することで

記事を読む

運動療法はうつ病の治療の中でも最も効果的

運動療法による効果 運動療法はうつ病の治療の中でも最も効果的と言われています。 薬

記事を読む

サプリメントは脳の収縮率を半分にする!アルツハイマー予防に有効だと判明

ビタミンBを摂取した人の脳の収縮が50%減少 ビタミンB群は、軽度の記憶障害を持つ

記事を読む

職場に友人がいるだけで
人生の満足度が上昇する

職場に少なくとも3人以上友達を作るだけで、人生の満足度は96%上がる 規則正しい健康

記事を読む

アドラー心理学 ~嫌われる勇気まとめ~

アドラーってどんな人? アルフレッド・アドラー(1870年2月7日 - 1937年5月2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? You

社交不安症のメカニズムと対処

社交不安症のメカニズムと対処 社交不安症のメカニ

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その1)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その1) 人は誰しも客観的

→もっと見る

PAGE TOP ↑