*

認知行動療法のアーロン・ベックが生み出したストレス解消法
『AWAREテクニック』

公開日: : 最終更新日:2019/03/07 心理テクニック, 心理用語, 治療, 研究結果, 認知行動療法

『AWAREテクニック』とは

『AWAREテクニック』は、それぞれ「Accept(受容)」「Watch(観察)」「Act(行動)」「Repeat(反復)」「Expect(期待)」の5つの頭文字から構成されています。

『AWAREテクニック』の効果

このテクニックの目的は、価値の高い行動を増やしていくことです。

『AWAREテクニック』のやり方

ステップ1:アクセプト(受容)

「今私は不快に感じてイライラしている・・・」

まずは、このネガティブな思考や感情は正常な事なんだと、ネガティブが存在する事実を認め受け入れる。

ステップ2:ウォッチ(観察)

次にネガティブな思考や感情から距離をおいて、自分とは無関係なものとして眺めてみる。やり方としては、脱フュージョンテクニックである「…と思った」ワークをすると良い。最後に「…と思った」とつけることで、客観的視点に切り替える。

例)自分は馬鹿にされたようで今すごいイライラしている 「…と思った。」


ステップ3:アクト(行動)

不安の存在を認めながらも、あたかも不安がないかのように行動する。
なんの問題もなかったかのようなフリをし行動する。


ステップ4:リピート(反復)

ステップ1~3を繰り返し行う。(受容⇒観察⇒行動)

ステップ5:エクスペクト(現実的な期待)

人間は誰でもよい結果を期待するが、うまくいかない場合もあるという心構えが必要。
不安を持ちながらも、希望と自信をもって行動すること。
参考
・鈴木祐,超ストレス解消法,P154-159

関連記事

アドラー心理学
~幸せになるには?共同体感覚~

幸福感 ≒ 共同体感覚とは? アドラー心理学の目指す幸福とは、"共同体感覚"のこ

記事を読む

損得分析(認知行動療法)

損得分析 損得分析における目的の1つは、自分を大切にできていない考え方を見つけ出し

記事を読む

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? Youtubeでも活動されているメル

記事を読む

行動を開始するきっかけを作る!
if then ルール

if then ルールとは? 何か行動したい事が見つかったものの、億劫になってしまいそのまま

記事を読む

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

記事を読む

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは 出会って7秒で第一印象が決まる法則のことです ◆ メラビアン

記事を読む

クリエイティブポーズとは? ~ 人は姿勢により効率が変わる? ~

クリエイティブポーズとは 皆さんは姿勢と思考の関係についてどうお考えですか? 作業療法的に言えば、

記事を読む

感情バイアス(焦っている時)による誤判断

感情バイアス(焦っている時)による誤判断 認知バイアスが論理的な判断の邪魔をすることがわかっていま

記事を読む

性格の半分は遺伝子で決まっている?!残りは?

性格の半分は遺伝子で決まっている?! ネガティブな性格の遺伝率は46%と言われています。 そして

記事を読む

計画倒れにならない方法

計画倒れは起きるもの 例えばダイエットをした時や、1日のスケジュールを15分単位にし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? You

社交不安症のメカニズムと対処

社交不安症のメカニズムと対処 社交不安症のメカニ

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その1)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その1) 人は誰しも客観的

→もっと見る

PAGE TOP ↑