*

SST(Social Skills Training 社会生活技能訓練)の流れ

公開日: : 最終更新日:2019/04/01 SST, 未分類, 認知行動療法

SSTとは?

コミュニケーションにおける自分の苦手な箇所をみつけ、スキルの向上を図ります。

SSTでは自分の気持ちや考えや用件を、今よりもっとうまく伝える技術を学びます。
また、相手の気持ちや考えや用件に対し適切な答え方を学びます。

コミュニケーションを円滑にすることで、社会生活がしやすくなるスキルを身に着けていくことができます。

SSTグループでのルール

メンバーの全体性に応じてルールを決め読み合わせを行ってから始めます

◆ ルールの例
1.他人を批判しない(自由な発言のできる環境)
2.ふざけたり、怒ったりしない
3.話すときは一人ずつ
4.パスはしても良い
5.発言するときは手を挙げてスタッフに指されてから


SSTの基本訓練モデルの流れ

1.前回の宿題の確認

2.練習課題の場面設定
  苦手で問題のあるテーマを考え抽出する

例)
テーマ:私用があるのに飲みの誘いを断れない

相手:同僚(同年代の30代、男性、体育会系で押し強い、関係性は普通)

時間、場所:オフィスからの帰り際に

状況:酒好きの同僚から週1で誘われており、お金もかかるし酒が好きでないため行きたくはないが、私用をキャンセルし飲みに行ってしまっている。できれば月に1回にしたいと思ってはいるが言い出せない。

その時の対応:誘われ困っていると「いこうぜ!」と後押しされ、「おーー、いいよ!いこうか」と心と裏腹に言ってしまう

どうなると良いか?:月1回なら私用も片づけられ、楽しく飲みに行ける

3.ドライラン
ドライランでは場面を再現してもらい(ロールプレイ)、コミュニケーションスキルの現在の特徴をアセスメントする

4.正のフィードバック ドライランで見たスキルの良い所を他のメンバーや相手役、進行役からほめてもらう。また本人からも自分の出来たところを言ってもらう。

5.ベターポイント(さらによくなる為)のフィードバック
まず本人からもっと良くしたい点を聞き、周りからも聞く。
挙がったアイデアから取入れられそうなものを本人が選択する。

6.モデリング
良くしたい部分を加え、進行役やうまくできそうなメンバーがモデルを示す
発言内容は本人が言えそうなものを本人に再度尋ねたり、他メンバーからアドバイスをもらって決める

例)「いつも誘ってくれてありがとう。ただ私用があって毎週いく事は難しいんだ。月1なら行けるから来月の行く日を決めないか?」 等

7.ロールプレイ(1回目)
実際に本人が行ってみる

8.正のフィードバック
他のメンバーや相手役、進行役からほめてもらう。また本人からも自分の出来たところを言ってもらう。

※再度、ベターポイントのフィードバックを行い、再ロールプレイをしても良い

9.宿題
実際の場面で行って報告する

SSTのStep By Stepの流れ

1.宿題結果の確認

2.練習スキルの提示
例)「うれしい気持ちを伝える」
技能の各ステップでは、メリットを見い出すことで動機付けを行う

◆ 技能のステップ
1)相手の顔を見る
自分にとってのメリット:あなたに話しているということが明確に伝わる。誠実さ伝わる
相手にとってのメリット:自分に話しかけていることがわかる。
両方にとってのメリット:話しを聞く準備が整う

※メリットを見つけるコツは、それをしなかったら?と考える。相手の顔を見なかったらどんなデメリットがあるだろうか?

2)うれしいと感じた理由を述べる
自分にとってのメリット:うれしさを相手によりわかってもらえる
相手にとってのメリット:うれしい気持ちが嘘じゃないと感じられる
両方にとってのメリット:お互い納得がいく

3)うれしい気持ちを伝える
自分にとってのメリット:素直な気持ちを相手に伝えることができる
相手にとってのメリット:相手の気持ちがわかる
両方にとってのメリット:気持ちが通い合え信頼関係に結び付く

3.ロールプレイの場面の例を見て練習したい場面を選ぶ
・友人が亡くした物を探し見つけてくれた
・家族が駅まで車で送ってくれた
・駅員さんに道を尋ねて教えてくれた

4.ロールプレイの場面例をロールプレイするか、個別に状況設定してからロールプレイを行う

※決める内容
テーマ:家族が駅まで車で送ってくれた

相手:父親(関係良好)

状況:学校に行くのに雨が降っていたので車で送ってもらった

どうしたい?:いつもお礼を言ってないので言いたい

セリフ(Stepに沿って考える):「雨が降っていたので、送ってもらって助かったよ、有難う!行ってきます!」


5.正のフィードバック
メンバーから良かった所を挙げる、自身でも出来たところを発表

6.ベターポイント(さらに良くするため)のフィードバック
自身でさらに良くしたい点を挙げる。他メンバーからもっとよくなりそうな点を挙げる。本人が取入れたい点を選ぶ。

7.モデリング
進行役や他メンバーで得意な人がモデリングを行う

8.ロールプレイ(2回目)

9.正のフィードバック

10.宿題
Step By Step(べラックスタイル) は基本訓練モデルよりもシンプルに行うモデルである。手順が決められているため知的に低い人などにより適している。

SSTのBetter Solutionの流れ

1.宿題結果の確認

2.練習課題の場面設定
  苦手で問題のあるテーマを考え抽出する

例)
テーマ:私用があるのに飲みの誘いを断れない

相手:同僚(同年代の30代、男性、体育会系で押し強い、関係性は普通)

時間、場所:オフィスからの帰り際に

状況:酒好きの同僚から週1で誘われており、お金もかかるし酒が好きでないため行きたくはないが、私用をキャンセルし飲みに行ってしまっている。できれば月に1回にしたいと思ってはいるが言い出せない。

その時の対応:誘われ困っていると「いこうぜ!」と後押しされ、「おーー、いいよ!いこうか」と心と裏腹に言ってしまう

どうなると良いか?:月1回なら私用も片づけられ、楽しく飲みに行ける

3.本人に次の中から最適な選択をしてもらう

1)『どうしていいか解決の糸口もみつからない』⇒問題解決技法を用いてからロールプレイを行う

2)『本人の言いたいセリフがだいたい決まっている』⇒そのままロールプレイをやってからフィードバックして、より良い方法を探し出す。

3)『みんなが考えたセリフを聞いて言うセリフを考えたい』⇒みんなにセリフを考えてもらう。一人ずつ意見を聞き、本人が取捨選択をしセリフを整えロールプレイを行う

4.正のフィードバック
メンバーから良かった所を挙げる、自身でも出来たところを発表

5.ベターポイント(さらに良くするため)のフィードバック
自身でさらに良くしたい点を挙げる。他メンバーからもっとよくなりそうな点を挙げる。本人が取入れたい点を選ぶ。

6.再ロールプレイ

7.正のフィードバック

8.宿題
参考
・わかりやすいSSTステップガイド下巻 P77、80
・SST研修資料

関連記事

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、いつでも自己決定できる存在であ

記事を読む

エビデンスレベルの最も高い目標設定法『MACの原則』

エビデンスレベルの最も高い目標設定法『MACの原則』 アイントホーフェン工科大学の

記事を読む

CBT(認知行動療法)の概要と歴史

認知行動療法(Cognitive  behavioral Theraphy)の概要と歴史

記事を読む

行動を開始するきっかけを作る!
if then ルール

if then ルールとは? 何か行動したい事が見つかったものの、億劫になってしまいそのまま

記事を読む

周りから好かれる・助けてもらえる人になれる方法

周りから好かれる・助けてもらえるようになる方法 自分へ好意を持ってもらうには相手

記事を読む

不安は消さなくて良い?
人前で堂々と話す方法

不安は消さなくて良い?人前で堂々と話す方法 2013年ハーバード大学の論文によれ

記事を読む

ストレスの正体とメカニズム

ストレスとは 「ストレスとは一体何でしょうか」と聞かれたら皆さんはどのように答えま

記事を読む

もう一人のあなたテクニック
(セルフコンパッション)

人は大抵、自分には厳しくなる 私たちの多くは二重基準を使っています。例えば、

記事を読む

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

記事を読む

幸福感はコントローラビリティでほぼ決まる!

心理学的な幸福 心理学的な幸福論でいうと、遺伝が50%、お金の有無が10%、自分の行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? You

社交不安症のメカニズムと対処

社交不安症のメカニズムと対処 社交不安症のメカニ

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その1)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その1) 人は誰しも客観的

→もっと見る

PAGE TOP ↑