*

エビデンスレベルの最も高い目標設定法『MACの原則』

公開日: : 仕事術, 未分類

エビデンスレベルの最も高い目標設定法『MACの原則』

アイントホーフェン工科大学のチームが38件の論文をメタ分析してまとめた原則となっている。

MACの原則

「MACの原則」は、M、A、Cの3つの要素から成り立つ。


M=Measurable(メジャラブル)測定可能性=目標(ゴール)が数字として測定可能なこと


A=Actionable(アクショナブル)行動可能性=目標(ゴール)を正確に把握し、そこにたどり着くまでのプロセスを明確に書き出せること


C=Competent(コンピテント)適格性=目標(ゴール)を達成することが、自分の価値観に基づいていること

MACの原則 作り方の例

目標:「ネット収入で、ひと月1万円得る!」

M(メジャラブル)=「再来年の1月までにネット収入をひと月一万得られるようにし、サーバー代に充足する」

A(アクショナブル)=「ブログを2週に1度は更新しつつ、並行して新たな心理学的機能のサイトもしくはアプリを立ち上げる。など」

C(コンピテント)=「職業柄将来的に使える知識を増やしていける活動であり、勉強になっているので高いレベルで価値観に基づいている」

MACの原則を行うメリット

・数値化、具体化はともに人を行動しやすくさせる

・目標そのものが自分の価値観に合致しているか、手に入る成果が自分にとって意味のあることか、納得感を得ているかどうかが、段取りのための段取りの最重要ポイント
参考
・https://president.jp/articles/-/26451?display=b

関連記事

脳は感情に支配されやすい構造になっている

脳は感情に支配されやすい構造になっている ■ 脳の働き  あなたが何かを見たり

記事を読む

アドラー心理学
~幸せになるには?共同体感覚~

幸福感 ≒ 共同体感覚とは? アドラー心理学の目指す幸福とは、"共同体感覚"のこ

記事を読む

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

記事を読む

完璧主義でなくて良い理由
 ~パレートの法則~

パレートの法則 パレートの法則というのがあります。 イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発

記事を読む

もう一人のあなたテクニック
(セルフコンパッション)

人は大抵、自分には厳しくなる 私たちの多くは二重基準を使っています。例えば、

記事を読む

ストレスの正体とメカニズム

ストレスとは 「ストレスとは一体何でしょうか」と聞かれたら皆さんはどのように答えま

記事を読む

行動・性格的に『なりたい自分になる』方法

ミラーニューロンの特性を活かす。成長につながる環境に飛び込むべし ミラーニューロンっ

記事を読む

「影響力の武器」を読んでみた。
影響力のある点まとめました!

影響力の武器から考え方を学ぶ この本は、心理学的側面から相手にどのように影響するのかを分かりやす

記事を読む

刺激制御療法
(不眠に使えるCBT)

刺激制御療法とは 刺激制御療法とは眠れない人など、慢性的な不眠症の治療に効果

記事を読む

秘密を一人で考えている時が健康を大きく害する(研究結果)

研究結果「秘密を一人で考えている時が健康を大きく害する」 秘密保持とは,他者に何か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パニック障害の新対処法「5秒の法則」

パニック障害の新対処法「5秒の法則」とは? You

社交不安症のメカニズムと対処

社交不安症のメカニズムと対処 社交不安症のメカニ

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(幸せになる勇気編)

アドラー名言集(幸せになる勇気編) われわれは、

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その2)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その2) 「あの人」の期待

アルフレッド・アドラー名言を読解する!(嫌われる勇気編その1)

アドラー名言集(嫌われる勇気編その1) 人は誰しも客観的

→もっと見る

PAGE TOP ↑